スパイラルソックスの履き心地
2016年07月05日 (火) | 編集 |
 編み始めたスパイラルソックスは出来上がりました。
 編み方がずっと同じなのは、途中間違えても直しやすく、初めても編んでも最初から編み直しという事態は一回しかありませんでした。これはかなり嬉しいです。何せ編み始めた時の気持ちの盛り上がりが下がらないうちに出来上がりますから。
 そして指定の棒針五本組ではなく、輪針のマジックループ手法で左右同時編みしたので、出来上がりも一緒です。水通ししてからすぐ履いてみました。落ち着かないのではと思いましたが、スパイラル状態のゴム編みがよく効いていて、足になじみます。履きやすく脱ぎやすいのでこれはよさそうです。今は家の中ではいているのですが、靴を履いた状態でも試してみて、縫い目が足の指などの特定の場所にあたって痛みが出たりしないか検証してみたいと思います。
 かかとを編むより確かに考えなしで編めるので単純です。最後の閉じ方も糸を通してギュッと引き締めるだけですから簡単です。
 単純作業はストレス解消にもよさそうです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可