春に初めてお邪魔したネイルサロンでまた爪のお手入れをお願いしました。
 手も足もピカピカにしてもらいました。
 次は足のジュエルネイルをお願いしようと思っています。どんなネイルにするか、参考になるようにと雑誌を貸していただきました。ゆっくり見せてもらって、時間を作って予約をとろうと思います。

 手の方は短い爪の方が仕事もしやすいので、お手入れだけでいいかなと思っています。
 胡粉ネイルについて使い勝手などお話しして、助言もいただきました。
 
 このネイリストさんはお料理もお得意で、毎回楽しいおつまみをいただきます。今回はきゅうりのビール漬けとタンの燻製でした。おいしかったです。
 気分が楽しくなるサロンです。
 脱毛サロンの行く日は数カ月に一回なので忘れそうになります。今回は日にちは覚えていたのに、準備をすっかり忘れていて施術をする人にお手間をかけてしまいました。
 いやはや困ったものです。

 もう通って三年目です。もうすぐ契約回数が終了だろうなと思います。
 サロンに通うと安価ですが、日数どころか年数がかかります。ローズマリーは今回最初から今までそう生活が変わっていませんからいいですが、若い方だと、転勤や結婚、妊娠、出産など人生の催事がたくさんあると、中断せざるを得なくなるでしょうね。そういうことを考えるとお金が高いようでも、一年以内にはほぼ終わりそうな医療脱毛の方がお得ではないかと思いました。
 ローズマリーはまた施術者が三人目です。担当さんが退職されたりして交代になりました。そういう点もありますね。
 他の方に聞かれたら、できるだけ短期間で満足の得られる医療脱毛をお勧めすると思います。

 ただ、この脱毛サロンでの経験はとても勉強になりました。特に接客、施術する部屋の準備片付けなど素晴らしいと思います。いろいろと薦めたいに違いない化粧品やグッズなどは一度も進められませんでした。施術室にポスターがあったり、キャンペーンのチラシが置いてあったりして待ち時間などに見ることができました。ゆっくり検討できるので、断れない人にも安心だと思いました。
 よい脱毛サロンを紹介してもらってよかったなと思っています。
 健康舞踊の発表会のために髪の毛を伸ばしていましたが、終了したのでようやく切ることができました。一緒に伸ばしていた爪も切り、すっきりしました。
 髪の毛は自分で切っていますから、あちこちいびつですが、ローズマリーはそういうところはどうでもいいのです。それより、肌に髪の毛の先が突き刺さったり、汗でべったり張り付いたりしないこと、洗うのが楽といったことが重要なのです。

 すきばさみと普通のはさみ(どちらも髪の毛用)でどんどん切りました。途中すきばさみを使うところで普通の鋏を使ってしまって、前髪がなくなったりしましたが、気にしません。整髪料であげてしまえばいいのですから。
 やはり短い髪の毛は都合がよいです。切って楽になりました。
 職場ではそれぞれが制服の上にビニルエプロンを日に何度も付け替えて仕事をします。
 その時の皆さんのひも結びが気になっています。
 それは皆さん背中の結びがたて結びだからです。結び自体はちょうちょう結びなのですが、ちょうちょうが頭を上にしないで横にして羽が上下になっているのです。
 ローズマリーは保育所の頃「たて結びは死んだ人に結びますから、皆さんは横結びですよ」と習いました。そして結べるように家でも保育所でも練習しました。たて結びはほどけやすく、実用的でないということもあったと思います。
 最近ではひも結びが難しいのでという理由で、何でもマジックテープなどが使われていて、結びをする場面も少ないようですね。
 自衛隊の訓練に行ったときも、靴ひもが「たて結びではありません」といわれてもその結び方も理由がわからない30代後半の方が何人もいらっしゃいました。
 職場の同僚の多くはお子さんもいて、親である方たちですが、そういう人でも昔からの言い伝えはもうご存じないようです。言い伝えだけでなく、どうやったら本結びになるか、たて結びになるかの構造もわからないようです。
 以前の職場は老齢の方が対象でしたから、こういう風習にはとても気を使っていました。老齢の方たちの価値観に合わせるようにしていました。
 今回の職場は利用者さんたちからの発言が少ないので、本当は不快に思っておられても発言がないのかもありません。
 死人に云々は迷信としても、ほどけやすい結び方は実用的ではありません。蝶々結びの本結びはきちんと結べその上でほどけやすくもできるという便利な方法です。
 昔からある結びの知識が伝承されていけばいいのにと、とても残念に思っています。
 暑くなって素足にサンダルという方も増えてきましたね。
 それは良いのですが、あちこちでそのサンダルを脱ぐ場面がありますね。よそのお宅や、公共の場所でスリッパなどを履くときです。
 そんなときそのままおあがりですか?
 よそのお宅に上がるときには手持ちの靴下をはくのが礼儀だと思います。素足の汗やにおいなど直接つかないようにするのがよそ様に対する気持ちではないかと思います。それがお分かりでない方も多くなったなあと思います。特に若い方が親御さんにそういうことを教わっていないことがよくわかります。そのままでおあがりになりますから。もしかしたら、親御さんもそういうお気持ちがない方で教えるも何もご自分もそうなのかもしれません。
 公共の場のスリッパなど誰が使ったかわかりません。そういうものに素足で触るというのが気持ち悪いと思いますが、そういうこともないのかもしれません。特にこの時期、水虫などお持ちの方がよくおられます。そういうものが付着したスリッパに直接素足で接触することになります。
 
 サンダルに素足でも、よそ様のお宅に上がるときには靴下をちゃんとお持ちになったほうがいいと思いますよ。ご自分を守るためにも。
プロフィール

FC2USER75rosemary

Author:FC2USER75rosemary
島根県松江市で薪ストーブで心と体を温めて、手作り普段着着物で糖質制限・湿潤治療をする、普段はパートのおばさん、時々予備自衛官ローズマリーの日記。
2014年陸上自衛隊予備自衛官補技能の試験に合格、2015年採用、予備自衛官補技能教育訓練修了後、予備自衛官に任命されました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: