プロフィール

FC2USER75rosemary

Author:FC2USER75rosemary
島根県松江市で薪ストーブで心と体を温めて、手作り普段着着物で糖質制限・湿潤治療をする、普段はパートのおばさん、時々予備自衛官ローズマリーの日記。
2014年陸上自衛隊予備自衛官補技能の試験に合格、2015年採用、予備自衛官補技能教育訓練修了後、予備自衛官に任命されました。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


体感温度

 ローズマリーは冷えは大敵と思っています。仕事に行くときには、カイロを二枚貼り、保温性下着と汗水とり用に木綿の下着を重ねます。制服職場ですから半袖長ズボンで年中過ごしますから、制服の下に装備できるようにしています。職場の多くの人はどうやって装備しているのかいつも寒いと言っておられて中に着て来ればいいのにとローズマリーは思います。昔と違って居間の防寒下着は薄くて上に着るものに響きません。

 家では薪ストーブと囲炉裏があるのでずいぶんあったかくて、お風呂の後はシルクの半袖カシュクールワンピース(着物の下着)一枚で大丈夫です。寝るときも布団の中はとても暖かいのでそれで十分です。
 家人は普通のシャツに防寒上下、とパジャマを着ていて暑くないのだろうかと思ってみています。

 実は去年の冬はもっと寒いと感じていて、今年は二十年を過ぎる羽毛布団の新調か、羽毛の入れ直しかと考えていました。しかしいざ冬になってみると、とっても暖かく感じ夜中に布団をはぐこともあるくらいです。

 しかし家人の様子を見ているとローズマリーだけの感覚のようです。7歳年上の家人ですから廊下による循環不全が始まりつつあるということもあると思います。が去年と今年のローズマリーの感覚からいうと、ローズマリーの体内環境の変化が体感温度に関わっているように思います。
 今年はサプリメントによるビタミン摂取を大量にしたのです。体調変化によって増減はしていますが、それが功を奏しているのではないかと思います。
 
 年末から鼻の奥が痛くて、鼻水もあって、鼻をかむと血の塊が出てきて、不愉快でした。
 年をあけて不意に思いついて、ワセリンを塗ってみました。その後鼻をかんでおきます。余分なワセリンはその時取れます。すると花の痛みはなくなりました。一日塗っておいたら鼻水も減りました。ほっとしました。
 そろそろスギ花粉のアレルギーも出てくるようになりますから、ワセリン塗りはしておくほうがよさそうです。もっと早く気がつけばよかったです。ちょっとだけはっか油をワセリンと混ぜておくとすっとする清涼感も感じられます。ローズマリーはラベンダー入りワセリンにしているので、ホンワカ香ります。
 と聞かれました。基本的にはケチだからです。
 自分の読みたい本がないので、自分で自分が大好きな方向性のある小説を書いているのです。料理や小物についても同じです。金額を出して買いたいと思うほどのものがなければお金を出したくありません。それが自分で解決可能なら自分でやってしまいたいと思うのです。
 ただなら、いくつ読んでもまあ我慢できますが、そんなに人生長いと確信もなく、無駄な時間を費やさずに楽しみたいと思っているわけです。
 自分で書いた小説は自分が満足できる長さと人間たちが織り成す物語で、自分が感動する場面も熟知しているので必ずそういう場面が出てきて、自作ながら感動します。自己満足の世界です。ですから他人に見せてくれと言われても見せる気にはなりません。商業主義で人に受けるものを書いているわけではないので、見せた方の好みに合わないと思います。
 自分だけが満足できるとても楽しい世界です。
 仕事初めの日、皆さんにごあいさつしながら仕事してあと一時間半というところで、「あれどうなってる?」と聞かれてすっかり忘れていたことに気が付きました。
 年末に「仕事始めにやります」と予定表に書き込んで、その後覚えていたと思っていたのに、すっかり正月呆けしてしまいました。指摘してくださった方のおかげで何とか終わらせることができました。ありがたや。

 仕事始めは眼鏡をかけていきました。このところ視力低下を自覚していて、仕事場で危ないと思っていたけれど背に腹は代えられずかけていきました。よく見えてよかったですが、注意力低下は防げなかったですね。

2018新年です

 年が明けました。
 2017の大みそかは、朝起きてしばらくは良かったのですが、片頭痛が久しぶりに会って鎮痛剤のお世話になりました。幸い薬が効いて昼には楽になりました。朝から雨だったので気圧の変化に変調をきたしたかもしれません。
 午後はちょっと三絃をお稽古して、編物をして、休憩でした。近年で一番ゆっくりした大みそかでした。
 夕ご飯もいただきもので済ませていたら、消防のサイレンが聞こえて驚きました。
 なんと同じ団地内に消防車が止まったので、あわてて外を確認に行きましたら、すぐそばの電柱のトランスから火花が散っているのを誰かが発見して消防と中国電力を呼んでくださったらしいとわかりました。早い発見でほっとしました。
 団地も二十年が過ぎ去年は貯水池の修理もありました。いろいろ不都合が出るかもしれませんからよくよく注意して周囲を見ることが必要なのだと思います。
 
 戊犬というのが今年の年のようです。どんな年になるのか、どんな年にするのか、いろいろと計画も予定もありますから、うまく事が運びますよう願っています。
 皆様にも幸せな年になりますように。

««前のページ  | ホーム |  前のページ»»