仏壇の原田の仏壇博覧会に行きました
2017年05月04日 (木) | 編集 |
 出雲市体育館で連休中開催されている仏壇博覧会に行ってきました。
 はっきり申しあげてローズマリーは宗教心がありません。ただ自分の中に信仰は持っています。
 しかし親戚などはそれぞれ宗派が異なる仏教徒であったり、キリスト教徒であったりするので、興味があります。
 
 いろいろな宗派の仏壇を一挙に展示というのも珍しいと思っていってみたかったのです。なお、今回の記事文中の言葉使いは、仏教用語というわけではなく、ローズマリーが感じたままを書いていますので、間違いなどあると思いますがご容赦ください。
 
 展示されていた仏壇は大きく分けて三種類と感じました。塗りの仏壇、金の仏壇、飾りが少なく木を主体にした仏壇でした。それぞれに大きな仏壇と、何かの上に置く上置きの仏壇に見えました。
 金の仏壇は、浄土真宗の仏壇で西本願寺派、大谷派の二つに大別されるようです。金が多いのが西本願寺派で、ローズマリーの実家はこれです。黒と金の対比が美しいのは大谷派でした。
 塗りの仏壇はそれ以外の宗派のようです。

 仏教宗派の占める割合は こちらの図がわかりやすいです。

 僧侶の数はこちらが宗教年鑑の数値をまとめておられます。

  これを見ると浄土宗関連の僧侶、門徒が多いようですので、やはりそれを反映しての仏壇屋さんの品揃えなんだろうなあと思います。
 ちなみにローズマリーは浄土真宗の本山の合理的で理論的、迷信を信じないところがとても気に入っているのですが、そういう部分はこれだけ信徒が多いのに世間に流布していないなあと思います。宗教の教えとしてよりも地域の風習的な部分が重要視されているようだということと、日本人が占いや迷信が大好きなんだろうなと思います。

 さて、肝心の仏壇のお飾り等の細かい装飾や仕上がりの美しさは、美術品的でした。値段を見て、このすばらしい美術品がこれだけでできるというのは日本人の技術の素晴らしさ、職人さんたちの心意気、そして日常使いである仏壇というものに対する価値なのだろうなと感心しました。
 ローズマリーは、実母が亡くなった折、お寺から「仏壇は各家庭にあるべきもので、なくなった祖先がいるいないには限らない」と聞いていてその意味に納得はしているのですが、仏壇は持っていません。神棚もない家です。家人も興味がないらしく、新築するときにまったく意見が出ませんでした。

 そういう人のためと申しましょうか、小さな骨壺がありました。とてもきれいで手にすっぽり入るくらいの素敵な壺でした。また、ペンダントがあり、中に遺灰や遺骨を入れることができるそうです。値段もお手頃でした。ローズマリーは跡形もなく散骨することが希望ですが、先に逝った方の遺灰を少し残しておいて、自分と一緒に散骨してもらうのもいいかなあという気持ちもいたしました。

 お数珠もたくさん展示されていました。これこそ仏教徒としては必需品です。仏事の時には必ず持参しますから。
 それからお経のCD、お経の内容をわかりやすく説いた本、仏像、ろうそくや仏具のいろいろ、ご来場の皆様もいろいろと品定めしておいででした。

 それから目次知浄師がいらしていて、著作の販売、原画展示と一緒にサインをしておられました。原画に添えられている讃(ことば)はそれぞれお経や上人様方の言葉から取られていたり、とても感動的でした。一つ一つ、師自らが説明してくださり、言葉の一つ一つに感動して涙が出そうでした。

 来年もぜひ開催していただいて、行きたいなと思います。
 新聞にも何度も広告が出たようです。ローズマリーはあまり広告を読まないので二回しか覚えていません。

 知人である仏壇の原田松江店の小汀店長のfacebookで様子を見ていて、行きたいなと思いました。やはり知人の言葉って大きいですよね。知人のお仕事には興味がわきますし、いろいろとお話しを聞くのも気兼ねなくできてありがたいことです。
 知人というご縁は本当にありがたいと思います。

 
スポーツクラブの指導者の良識とは
2017年04月29日 (土) | 編集 |
 久しぶりにプールに行きました。体育館や野外ステージなども一緒になったスポーツ公園です。
 建物正面の駐車場はいっぱいでした。横のプール使用者専用駐車場に車をすすめました。するとびっくり、子供たちがたくさんいるではありませんか、車が入って行っても指導者も知らん顔、そのままバタバタしています。 
 どうもミニバスケットの大会があったようです。大会出場者が駐車場でウォームアップをしていたようです。

 でもそれはどういうことでしょうか。日頃駐車場で、遊んだりみんなが集まって運動してもよいということなんでしょうか。自分たちの参加する大会のための駐車場ではなく、他の施設で使う駐車場を占拠して車が入ってくるのに知らん顔でよけることもしない、それを指導者も知らん顔というのはいったいどういう価値観でしょうか。
 人様の大事な子供を預かって集団でスポーツを行うのなら、最低限の礼儀を備えてほしいと思います。また安全のために葉駐車場でウォームアップなど一番避けるべきことではないでしょうか?せめて車が来たら自分たちがよけるくらいのことはすべきだと思います。駐車場は準備運動のための場所ではないのです。
 それで事故でも起きたら、車のせいになるのです。マナーの悪いスポーツ従事者のために被害をこうむっていると思ってしまいます。
 
 最近では、子供を集めていろいろ行事に逢うことが増えていますが、その指導者や引率者の価値観を疑う場面に多く遭遇します。これが普通の状態なんでしょうか。子供たちが事故に合わないように、自分で危険や危ないことの判断ができるようになってほしいと思いますが、大丈夫だろうかと不安に思います。
 そして、将来自分たちの行動よりも相手にクレームをつけるようになるのではないかとまで考えてしまいます。

 駐車場での運動は危ない、とちゃんと知ってほしいと思います。
街の風景
2017年04月23日 (日) | 編集 |
 いつも通る道がなんだか風景が変わって見えました。よく見渡すと、以前あった建物がすっかりなくなって更地になっていました。分譲地の立て看板が立っていました。
 思えばそこは道路沿いは商店が立ち並ぶ、路地の中は一戸建ての他に、たくさんの長屋の賃貸住宅があった場所でした。更地になってみるとがらんとしていました。
 道路沿いにあった商店の全盛期はもう何十年も昔になりました。惣菜屋屋さん、たばこや郵便切手を売る小さいけれど何でもあるお店、八百屋、魚屋、鶏肉専門店、散髪屋さん、畳やさん、呉服店、美容院、製材所、お茶屋さん(製茶を売る店)、醤油屋さん、貸本屋さん、紙問屋さん、他にもローズマリーが忘れてしまったお店もあったかもしれません。小さな商店街でしたね。八百屋さんや散髪屋さん、肉屋さんは二件ずつくらいありました。それらのお店で今残っているのは、薬屋さん、散髪屋さんくらいです。後はすべてなくなりました。
 西側に大きな道ができて、ほとんどの車はそちらを通るようになりましたし、商店はそちらに多くできるようになり小さな店ではなくてスーパーやショッピングモールになりました。
 ずいぶん街並みも変わったんだなあと更地を見ながら思いました。手持ちのかごを手に歩いてお買い物を行っていたお母さんたちは全く見かけません。きっと車で行くようになっておられるのでしょう。身近だった小さな八百屋さんや魚さん肉屋さんは数が減ってしまったので、少し離れたスーパーに行くからでしょうね。時間が不規則に働く大人も増えて時間もばらけているのかもしれません。

 だんだん風景は変わっていくんだなあと思いました。10年後20年後はこのあたりはどうなっているのかなあと思いました。
「全国一斉!国民党議会」 日本青年会議所主催に参加しました
2017年04月16日 (日) | 編集 |
 facebookの知人である方がパネリストで参加なさるということを聞いて出かけてきました。

 公益社団法人日本青年会議所主催「全国一斉!国民党議会」島根大会です。

 ローズマリーは不勉強でこの組織が一体どんな組織か知りませんでした。この組織の参加条件である「品格ある青年であれば、云々」について、この場合の品格ってなんだろうなあと思います。

 会議の結果については、後日全国の様子を青年会議所がまとめて発表するそうです。どんなふうにまとめてくるのか非常に興味があるところではあります。

 島根大会は、午前中大学生を集めた会があり午後は一般に集めた聴衆と共にパネリストの意見を聞きグループ討議をし、個人の結果を意思表示するというような形式でありました。
 パネリストなどの意見を聞くことや討議についてはは、自分の意見をまとめる一助になる会であり有意義ではありました。
 会の討議課題は大きく「憲法を改正すべきか」その中で二つ、参議院の合区について、自衛隊の憲法の明記するべきについてを憲法に照らした場合どうなのかという憲法議論でした。

 普段憲法の条文を詳細に読み砕いているわけでもなく、知識としてはその昔学校で試験勉強として覚えた憲法や条文の箇条書き程度しかありません。しかし多くの国民としてはそんなものではないかとも思いますから、むしろその状態で参加することにも意義があったのかもしれません。

 しかし、ローズマリーが今回この記事で書きたいのは運営側の団体や会員としての価値観について疑問を感じたということです。

 会について一番先に思ったこと、前に立つ青年会議所の方の服装や体調がとても悪そうに見えたことです。顔色が悪いこと、姿勢や、服装がだらしない、体に合わない衣服を身に着けている、など大きな会を主催して不特定多数の人前に立つのに、いったいこの人たちはどうしたんだろうと思いました。
 ネクタイは曲がって緩んでいましたし、体に合わないスーツカッターシャツはボタンがギリギリで、はちきれそうでシャツがでかけている、姿勢は猫背といった様子でした。
 身だしなみは、ただスーツを着ればよいというものではありません。自分たちがどのように人から見た時見えるかを考えることを、部内研修などで学ばれてはいかがかと考えるくらい、ローズマリーの目からはひどい様子に見えました。
 そして、会場設営されている椅子に腰かけていたところ、係員から前ではなく後ろに詰めてくれと言われたことが一番驚き、あきれました。普通の会場であれば、係員が誘導して徴収や参加者を前に詰めさせ、壇上との距離を少なくし、全体のモチベーションを上げるのだと思います。しかしここでは係員が後ろに下がれと言ったのです。
 もちろん言い方は丁寧でした。
 ローズマリーは「後ろに下がるなど、前を空けてパネリストに失礼でしょう。なぜ後ろに下げさせる必要があるのです」と反論しました。結局ローズマリーは後ろに下がらず前にいて他の方たちが数人前に出られましたが、三列の机のうちローズマリーの左におられたグループは移動され開けられました。
 こんな会の運営は最低です。空けるつもりならば最初から机も椅子も並べなければいいのです。前に座った人を空けさせるなんて言語道断はなはだしいと最初からローズマリーは怒り心頭でした。

 仮にも全国組織の下部組織としていろいろな催しをするならば、それ相応の運営方法を用意する必要があると思います。
 帰宅してから検索してみると、ニュース報道の中から、組織の不祥事なども上がってきました。もちろんそれがすべてとは思いませんが、警察沙汰になった不祥事は組織の一般会員のことではなく、組織として行われた会などで発生しています。一般的な良識を持った方たちが役員として会を行っているだろうかと疑いを持ってしまいます。
 
 冒頭の参加条件の「品格を持った青年が云々」がここで響いてきます。品格を持った青年として参加条件を上げるなら、もっと見た目、やることの良識を組織としてもっと考えるべきではないかと思いました。
 ホームページなどの形式は整っていますし、それ相応の会費も納入される会であるようです。主催される会に参加した一般聴衆が素晴らしいと思えるような運営を考えてほしいと思いました。
 その反省が部内で出てこないようなら、まあそれだけの組織だなとローズマリーは思いました。
自治会の班長のお仕事
2017年04月16日 (日) | 編集 |
 今年度は自治会の班長の役割が回ってきました。先日総会があって、引継ぎが済みました。
 すでにいろいろと決まっていて、班長の仕事も当て職で、あまりみんなで困ったりしないでもよいようです。毎月の会議の日にちも決まっていて配布されました。こういうのっていいですよね。会議の日にちが決まっていると予定も立てやすいですよ。何日に会議だからそれまでに決めることとかやることが決まってきますからね。
 広報の配布や回覧板まわしが班長としてきちんと毎月の仕事です。その手順も広報部長さんからきちんとお達しが来ていて、とても楽です。決まっていることをしていくのは簡単ですが、決めるのは時間がかかったりするものですから、ずいぶんいろいろきちんとできていて、ここまで決めるのに会長さんたち大変だったろうなと思ったりしております。

 今週末は選挙ですから、最初の配布物は選挙公報でした。次は五月の広報かなと思っています。それまでに回覧板があるかもしれませんね。回覧板は過去の実績からひと月に1~2回くらいだと思います。
 我が家で家人は会議等に出るつもりのようです。配布物はローズマリーの担当ですね。